The 47th Annual Meeting of the Japan Society for Low temperature Medicine 
The 21th Annual Meeting of Japan Image-guided Ablation Group
第47回日本低温医学会総会 
第21回RFA・凍結療法研究会

大会長挨拶Greeting

第47回日本低温医学会総会
第21回RFA・凍結療法研究会 開催にあたって

第47回 日本低温医学会総会
第21回 RFA・凍結療法研究会
大会長山門 亨一郎(兵庫医科大学)

この度、第47回日本低温医学会総会と第21回RFA・凍結療法研究会を2021年10月29日(金)から30日(土) の2日間、兵庫県立 淡路夢舞台国際会議場で併催開催をする運びとなりました。会長を拝命しましたのでご挨拶申し上げます。
低温医学会は、低温下の生命現象の観察、低温の医学的応用と生物学ならびに関連領域への応用に関する諸問題についての研究討論を行い、これを通じて学術文化の発展に寄与することを目的とし活動を行ってきており、腎癌に対する凍結療法の保険収載や普及にも大いに貢献してきました。また、RFA・凍結療法研究会は臨床に直結した研究会として20年以上、日本のアブレーション治療を中心とした集学的がん治療の発展に貢献してきました。
開催テーマを「Bridge to the standard」として本学会・研究会が少しでも低温治療やRFAが標準治療として認知される役割を果たして行ければと思っています。
若輩者としてこのような大役を賜り非常に光栄に存じております。参加者の方々に十分愉しんでいただけるような学会・研究会開催を目指し事務局一同で企画・運営してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

令和元年9月吉日